Bac Xiu(バックシウ)を飲もう!~ミルクたっぷりのベトナムコーヒーが新感覚~

ベトナムと言ったら何を思い浮かべますか?「コーヒー」を思い出す人も少なくないのではないでしょうか。

さて、そのベトナムコーヒーですが、かなり濃い!人によっては、濃すぎと感じてしまうかも。でも、ご安心あれ!実はミルクたっぷりタイプも選べるんです。

今日はミルクたっぷりタイプのベトナムコーヒー、「Bac Xiu」(バックシウ)をご紹介いたします。

濃すぎるよっ!ハノイのベトナムコーヒー

バックシウの紹介の前に、普通のベトナムコーヒーのお話。

ベトナムコーヒーは基本濃いのですが、北部ハノイのコーヒーは南部ホーチミンのコーヒーに比べてより濃いように思います。

ミルク(練乳)入りのコーヒーの名称も異なります。

北部…カフェノー(ca phe nau)

南部…カフェスア(ca phe sua)

どちらもミルクが練乳であることには変わりないのですが、カフェスアは、クラッシュ氷がたくさん入っていて飲みやすいです。カフェノーはクラッシュ氷ではなく、普通の氷が基本ですね。

私はこの2つでは、断然、カフェスア派。

ホーチミンに住んでいた頃は、ミルク入りのアイスコーヒーを毎日のように飲んでいたのですが、ハノイでは、「うーん、時々でいいかな」という程度になってしまいました。

でも、バックシウの存在を知ってからは・・・

「バックシウ」ってどんな味

バックシウはとにかくミルクたっぷりです。

それも、コンデンスミルクではなく、普通の牛乳が入っている??

というわけで、イメージとしてはベトナムコーヒーで作ったカフェオレです。

コーヒーは苦手だけれど、カフェオレなら飲めるっていう人、バックシウならけっこう美味しいかもしれませんよ。

どこで飲めるの?「バックシウ」

バックシウの存在を知ってから、メニューにバックシウがないか探すようになりました。すると、特別なものというわけではなく、けっこう置いてあるカフェがあります。

ただ、ベトナムの超有名チェーン、「ハイランズコーヒー」にバックシウはないですね。

ここ数年で店舗数をぐんぐん伸ばしている「コンカフェ」のメニューにはバックシウがあります。

コンカフェには、ホーチミン風の「カフェスアダー」、ハノイ風の「カフェノー」、そしてミルクたっぷりの「バックシウ 」の全てがあります。

ハッピーハウス近くのカフェ「Ag」で

で、実際、私がよく行く店舗はというと、「HappyHouse」(日本人宿)の近くです。

Agというお店。

Agとは元素記号で銀ですね。このお店やハッピーハウスがあるのはHang Bac通りという通り。Bacはベトナム語で銀。銀屋さん通りにあるお店なのです。

コーヒー屋さんは、銀屋さんの中にあります。

【グーグルマップ】

バックシウまとめ

まとめ…というほどでは、ありませんが、ベトナムコーヒーには実は「バックシウ」というカフェオレ風の飲み方があります。

今まで濃過ぎてベトナムコーヒーは苦手だと思っていた人は「バックシウ」を注文してみてください。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする